ビジネスにおけるリスク回避の方法 givenchyofficial.com

ビジネスのマナーについて


ビジネスにおけるリスク回避の方法
トップ » ビジネス関連

Contents

運営者情報

経営はいつも試行錯誤の連続です。

外部からみると安定した企業のように見ても、経営者は試行錯誤の連続です。売れるサービスや商品があっても、将来的に売れるかどうかわかりませんし、外部環境によって必要経費を抑えなければ利益にならなくなることもあります。ただ、経営者にとって重要なことは、何かをすることによるリスクより、何もしないリスクの方が大きいと考えることです。特に好景気ではない経済状況では、何もしないリスクはとても大きくなります。企業というのは不思議なもので何かしらの問題が起こり、それを解決しても、まだ新しい問題が生じます。しかし、それらの積み重ねが企業価値の向上につながります。

間違いやすいビジネス敬語について

ビジネスシーンで使われる敬語の中には、間違いやすい言葉が数多く存在します。例えば「○○様でございますね」といった言葉を使った事はありませんか?これは、間違いやすいビジネス敬語の一つで、正しくは「○○様でいらっしゃいますね」となります。また「すみません」もよく使ってしまいがちですが、正しくは「申し訳ありません」となります。さらに「よろしかったでしょうか」という言葉も、接客などでよく耳にする敬語です。しかしこれも間違った敬語であり、「よろしいでしょうか」が正解となります。もしこれらを間違ったまま使っていたのであれば、早急に直しましょう。

ビジネスでは割の合わない仕事は受けない

ビジネスでは割の合わない仕事は受けないようにすることが大切です。親切に格安でやっていると顧客獲得が容易になりますが、採算性が取れないのなら、やらない方が良いのです。趣味や人助けだけの目的でやっているなら、これでも構いませんが、ビジネスとして行っているなら、必ず採算性は取れなければならないのです。採算性が取れなければ、業務を続けていくことができず、結果として顧客も困ることにつながりますから、顧客のためにも、採算性を確保することが大切なのです。また、高くても購入してくれる人こそが大切にすべき顧客です。安くして多く集めても、顧客の質には問題があるなら意味がありません。