不動産取得に対して発生する税金 givenchyofficial.com

不動産に関する税金について


不動産取得に対して発生する税金
トップ » 不動産

Contents

運営者情報

不動産の所有者と固定資産税について

不動産は高価な財産の代表格の一つですが、取得、保有、売却の三段階でそれぞれ税金がかかります。 保有、すなわち不動産を持っていると、利用状況にかかわらず毎年固定資産税を払う必要があります。使っていなくても維持費がかかるので、賃貸経営をしたり、今後も利用の予定がなかったら売却するのも選択肢です。 固定資産税は、毎年1月1日現在の所有者が納税義務者ですが、登記簿を基にしているため、親が亡くなった後に相続の登記をせずに住み続けている場合など、その後も納税通知は親の名前で届きます。滞納せずに納めていれば、特に問題はありません。

不動産取得税の非課税要件について

不動産を取得すると、所有権の移転登記費用は取得者が支払います。その他に、ローンを利用している場合は借入にかかる手数料や印紙代、抵当権設定費用が掛かりますが、これらは取得の手続きの中で同時に支払いをします。一方、登記簿で所有権が移転されると、後日、不動産取得税の通知が来ます。住宅用など一定の要件を満たせば減免が受けられるほか、相続や、会社の合併・分割など、”包括承継”という所有権の移転になった場合は非課税になります。課税を受ける場合は、取引が終わり、住み始めたり、事業用地なら利用を始めたころに通知が来て納税するので、その時に慌てないように覚えておきましょう。

住まいは私達の暮らしの器なのです

住まいというのは、衣食住の中のひとつであり、私達の生活には欠かせないものです。雨風をしのいだり、毎日の活力を生み出したり、世代の育成をしたり、いろいろな機能があります。私達は、住宅に住み、生活をしていくのです。それがきちんと確保されなければ、通常の生活が送れなくなります。家の中では食事をし、睡眠をとり、くつろぐ、そういった繰り返しが私達の体を作っていき、維持していけるのです。このように住まいというのは、暮らしの器であり、とても重要な位置づけであることは確かなのです。過ごしやすく、環境を整えたいものです。